FC2ブログ
あとりえ櫻のちょっとTeaTime
あとりえ櫻・櫻木博子の、たわいも無い日常を綴った日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
21日 向井潤吉
向井潤吉さんの絵を観に、笠間の日動美術館に行ってきました。向井潤吉の絵を観たのは、多分初めて。藁葺き屋根の絵を描いているのは知っていましたが、水彩画は、人物画もありました。印象に残ったのは、洗濯物が、絵の中に描かれている事です。本当に、そこにあったのか、無いのに付け加えたかは、解りませんが、洗濯物を描く人は、多分、あまり居ないと思います。だけど、向井さんは、藁葺き屋根に暮らす人達の生活を描くことによって、失われていく日本の風景を残し、今でも(当時)藁葺屋根で暮らしている人達が居るという事を、伝えたかったのだと思いました。
図録を買って、家で見ていると、ビックリする事が書いてありました。なんと、向井さん、画家を辞めて俳優になろうと考えていた時期があったようです。色んな才能をお持ちだったようですね。羨ましいです。
スポンサーサイト
14日 小川芋銭展
牛久シャトーで開催されている、『小川芋銭展』に行ってきました。今回で3回目となる芋銭展、(私が行くのは、二回目ですが)毎回芋銭さんをこよなく支援する人達の活動で開催されています。その中の一人、通称Yさんに、今回も、色々と説明をしてもらいました。
今回は、河童百図の中で、新たに見つかった4点の作品と、鉛筆画のスケッチの展示です。芋銭さんは、葛飾北斎の絵をアレンジして、自分の絵に引用していたそうです。会場にも、亀を河童に変えた絵や、小野小町?と思われる様な絵が展示されていました。今は、著作権の問題でパクリ?と騒がれる様な事ですが、当時は、大丈夫だったのでしょうね。
そして、当時の新聞に載せられていた絵の下絵(スケッチ)が多く展示されていました。当時の日本は、多くの戦争によって、とても貧しかった為、“貧乏でありながらも、幸せに暮らせるように”と願いを込めた反社会的な絵も描いていたそうです。芋銭さん、体は弱かったけど、気が弱い人ではなかったみたいです。だって、こういった絵を新聞に載せたら、必ず批判してくる人は居ると思います。裕福な人とか軍事の仕事をしている人は、“国が栄える為には、国民の貧困は、仕方がない”と、思っていた人も居るでしょう。そういった人を敵にまわしてでも、人々の貧しい生活の絵を描くことにより、少しでも世の中を変えたいと思ったのは、芋銭さんの優しさや強さからくるもので、そういった人柄が、今も芋銭さんを支援する人達を動かしているのだと思いました。
そして芋銭さん、あの、横山大観から誘いをうけて、日本美術院に入ったそうです。横山大観・・・私にとっては、まさに雲の上の人です。今はもう亡くなっていますが、生きていたとしても、会うことは難しいでしょう・・その横山大観に誘われたとは、やはりただ者ではありません。芋銭さん
ランチ
今日は、以前絵を習っていた方とランチです。イーアスつくば近くにある、創作料理Iの握り寿司のランチです。
一幸
今日ご一緒だったYさんとOさんは、今も絵画教室に通っていて、Yさんは、最近色んな公募展に出展しているそうです。
私の仮縁(公募展の時に使う額で、ガラスも裏板も無い額)を差し上げる代わりに、ランチをご馳走になってしまいました。お鮨のランチなんて、久し振りだったので、嬉しかったわ~私の好きな雲丹と大トロも入っていました。締めくくりは、南瓜のプリン。濃厚な南瓜プリンと、カラメルが絶妙です。と~っても、お腹いっぱいになりました。

帰り道、ORモトに寄って、値札を購入。来年のグループ展に使う為です。グループ展に誘われて、OKの返事をしたものの、実は、場所も知りません。大丈夫か?私・・
土曜日
土曜日は、朝からOさんと待ち合わせ。先月の個展の時に、絵を買って頂いたので、Gでお茶をする事に。10:30にお店に入って、気が付いたら、12時でした。Oさんは、子供が二人もいるのに、お昼頃まで話し込んじゃって、大丈夫だったかな?とっても楽しいひと時でした。ディナーの約束もしたので、楽しみです~

午後は、Sで布を見てきました。先日買ったミシンで、何を作ろうか考える為です。でも、やっぱり、作る物を先に決めるべきですね。布を見ても、どんな素材で何色の布を買ったらいいのか、さっぱり分かりません。売り場を見ていたら、私の好きなイカリマークのワッペンが売っていたので、トートバックを作った時には、付けてみたいと思ったけど、作るの?トートバック・・・買って来た方が早い気もするな~・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。